FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

← 曖昧me妹003 コンクラ(ー)ベ03  →君に想いを、剣に誓いを。(第一部)008 『綾音。そして新城家』
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 
← 曖昧me妹003 コンクラ(ー)ベ03  →君に想いを、剣に誓いを。(第一部)008 『綾音。そして新城家』
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

君に想いを、剣に誓いを。(第一部)

君に想いを、剣に誓いを。(第一部)007 『魔封という力』

← 曖昧me妹003 コンクラ(ー)ベ03  →君に想いを、剣に誓いを。(第一部)008 『綾音。そして新城家』
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ

「さて、何から話そうか?」

 彼女の家だという繁華街近くの豪邸に案内された。その応接間らしき一室のソファで祐樹と霧香、そして風見が向かい合って座っている。

 口火を切った彼女に問いたいことは山ほどある。だが、まずは、

「あれは俺が標的だった。それは間違いないよな?」

「そうだね。間違いない」

 風見の首肯に祐樹は安堵する。霧香に危害が加えれらる可能性は口封じを除けば少なそうだ。それに、口封じならあの場で殺すのが最も手っ取り早い。それをしなかったということは、そうする必要性が少なかったから。

「二つ目、いいか?」

「ああ。なんでも聞いてくれ。知りたいというのなら教える。君には知る権利があるからね」

「権利?」

「ある意味、義務と言い換えてもいい。本来なら、物心ついた時には教えられていた事だろうから。そして、君の生まれを考えるなら、知らない方が異常でもあるからね。で、二つ目って?」

 聞き捨てならない言葉を聞いた気もするが、それは追々訊いていこう。それよりも、

「俺の夢にあいつが出てきたことがある。オルカという名前もだ。ということは、俺の見ていた夢は現実にあったことなのか?」

「そうだね……その夢の詳しい内容を知らないから何とも言えないけど、あの二人がまともに出会ったのは戦争の最終局面。オルカ率いるシュベルティア王国軍がファレンスへ侵攻を果たした際だ。その夢だというならば、まさしく過去にあったことだよ。無論、この世界での出来事ではないけどね」

 長いセリフを一息に言い切る。そのタイミングで、応接室に入ってきた人物がいた。

「風見様、お茶をお持ちしました」

 ワゴンを押してそう風見に語りかけたのは、メイド服の少女。短い水色の髪に同色の瞳。しかし、最も目を引いたのは彼女の頭頂にあるものだった。

「獣……耳?」

 そう呟いたのは霧香で、なんだか凄く嬉しそうだった。

「ええ、お客様。わたしはレイと申します。見ての通り、人間ではなく、獣人族の者です」

 丁寧に一礼した少女に霧香は少し慌て、

「あ、これはどうも丁寧に。わたしは新城霧香。えーっと、学園で生徒会長してます」

「霧香様、とお呼びしても?」

 その問いに霧香は強く首を横に振り、

「呼び捨てでいいから。それが気になるようなら、せめてさん付けにして」

「そうですか。では、霧香さんで。あっ、新城祐樹様については存じておりますので、自己紹介は結構ですよ」

「ん? ああ、雅からか?」

 風見に自分のことを話していたなら、その付き人風のレイの耳に入っていても不思議はない。

「ええ、雅様から聞いておりますので。祐樹様とお呼びしてもよろしいですか?」

 花咲くような微笑み。しかし、祐樹もさすがに様付で呼ばれたくはない。

「俺もせめてさん付けがいいな。様はさすがに」

「そうですか……では、祐樹さんで」

 微笑みを萎れさせて、レイは残念そうに頷く。

 気を取り直した彼女はお茶の給仕をはじめ、その間は風見も黙っていた。

 給仕が終わり、レイは一礼をして出て行く。彼女に手を振って見送った風見は、一度咳払いをしてから、

「では、話の続きをしようか」

 そう話の再開を告げた。祐樹もそれに同意する。

「結局、奴の狙いはなんなんだ?」

「それは正直僕にも図りかねるけど……」

 難しい顔になり、紅茶を一口すする。立ち上る湯気に目をやりながら、

「僕が君たちの会話を聞いた範囲では、オルカに用があるようだったみたいだね」

 それでも結局のところはわからない、と言う。

 しかし、オルカに用があると言われても、今の自分は祐樹だ。過去がどうあれ、そこは変えようがない。

「もしかしたら、過去の決着を付けたいという話かもしれないけど……それにしては動きが不穏なんだよね」

「不穏? 他に何かしてるのか?」

「確証はない。けど、彼だとしたら納得できる」

 もう一口紅茶を飲み、ソーサーに戻してから足を組んで、

「ここ最近の行方不明者だよ」

 そう、愁いを帯びた声で言った。そして、祐樹は数日前の新聞の地方欄を思い出す。

「確かに、ここ最近若者を中心とした行方不明が増えていたりするようだが……それがアーデルの仕業だと?」

「さっきも言ったけど、確証はない。第一、僕が彼の動きを掴めたのはつい先日で、まだ情報が乏しいんだ。だから、正直な話をすると、彼について答えられるのは過去についてを少しぐらいだよ」

「そう、か」

 まあ、そうだろう。彼女だって今起こってる事象全てに精通している訳はない。当たり前の話だ。

「だから、代わりに僕らにまつわる話を詳しくしたいと思う」

 そう、風見は少し陰のある表情で言った。

 背中をソファーの背もたれに預け、風見は考えながら口を開く。

「実はこの君たちが今住んでいる世界の他にも、沢山の世界が存在する。この世界など数多存在する世界のただ一つに過ぎないんだ。そして、世界というものは、それを構成、維持する核というものが必ず一つはある」

 そこでいったん言葉を切り、祐樹たちの表情を窺ってから、

「もし、その核が壊れたらどうなると思う?」

 風見の問いは問いのようでいてそうではない。

 それに、随分と唐突な話だ。祐樹が黙ったままでいると、彼女は浅く頷き、

「世界は消えてなくなる」

 あっさりとした口調で言ったため、祐樹は危うく聞き流すところだった。

「消えて……なくなる?」

「そう。跡形もなく、ね。無論、その中にいる人諸共に。だけど、世界が崩壊するなんて事、簡単に起こる筈もないよね? 君は今この事を聞いたからといって、今にも消えてしまうかも知れないと、そう思うかい?」

 思う訳がない。今まで確固として存在していたものが、話を聞いたぐらいで消えてなくなる訳がない。祐樹は首を振った。霧香も同様だ。風見は軽く微笑み、

「だよね。でも、外の世界に、この世界の崩壊を望む者がいたら?」

 と、柔らかい口調で問う。祐樹は答えられない。そんな事はあって欲しくない。しかし、風見は断定的な口調で、

「いるんだよ、そういう世界が何処かに。この世界にだっているでしょ、戦争が好きな人は。何処にだっている。何時だっている」

 風見のに反論する事が出来ない。祐樹は力なく俯いた。

 確かに、彼女の言葉通り、闘争を、戦争を望む者がいる。

「まあ、今はそんな話をする時間じゃないから、この話題は打ち切るけど。この世界を、とは言わず、無差別に他の世界を破壊しようとする輩はごまんといる。僕らは、そんな輩からこの世界を護るためにいる」

「世界の守護者ってこと? いわゆる正義の味方ってところかしら」

「そうだね……まあ、正義を名乗るつもりは毛頭ないけれども。僕らは自身のことを『魔封師』と呼んでいる。字面は――」

 懐出したペンでテーブルの上に置いてあったメモ帳にさらさらと文字を書き記す。書かれたのは『魔封師』という文字で、

「一般的に言う魔法ではなく、『魔を封じる者』という意味がある。その辺はお間違いのないようお願いするよ。そうでなければ、神の奇跡の力は自分達のものだと言い張ってる宗教関係の連中が五月蝿いからね。もっとも、彼らに言わせれば、魔法ではなく、魔術だがね……っと。話が逸れかけた。世界については説明する事はあまりないから、魔封の説明に移るけど、いいかい?」

 いいも何も、彼女の言葉を聞いてる事しか出来ない祐樹は返事のしようもない。

 その事を風見も察したのか、一つ頷き、

「訊かれても困るか。じゃあ、魔封および魔封師の概要を話そう。先程も話したけど、魔封師はこの世界を護るためにいる。無論、敵は外だけではなく、中にもいる。その代表例が魔物だね。まあ、その話は今は置いておくとして、だ」

 そこで紅茶を一口。香りを楽しんでからソーサーに戻し、続きを口にする。

「魔封師は人に仇為す魔物を狩り、この世を侵さんとする異世を退けるのが役目。魔封師になるには継約の儀という儀式を執り行う必要がある。継約の儀は、魔封師になりたい人間が力ある存在から力を借り受けるための儀式だ。その儀式を通じて、魔封師は力を得る」

「なるほど、通過儀礼があるって訳か。力ある存在とかなんとか……結局、魔封ってのはどういうものなんだ? さっき、宗教云々言っていたが……」

 祐樹が続きを促すと、風見は浅く頷き、

「じゃあ、魔封について話そうか。力ある存在を僕たちは便宜上『神』と言い表している。その神はこの世界に協力することを承諾した過去の英雄や道を極めた者で、各自が何がしかの力に長けている。魔封師はそんな者たちの力の一端を使わせて貰う訳だ」

「神、か……だから宗教とかなんとか言っていたのか」

「そう。彼らが信じる絶対者とは全くの別物だけど、適当な表現が他にもなくてね。人によっては英霊なんて言うけれども、必ずしも英雄な訳でもないしね」

「なんだか、いろいろと複雑なのね」

 霧香の正直な感想に、風見は苦笑いを漏らす。

「まあ、ね……まあ、神、力を持つ者から力を借り受ける訳だけど」

 もう一度ペンを取り、文字を書き始める。祐樹たちに見える方向に、つまり風見からは逆方向に文字を記しながら、

「魔封師が行使する魔封は八つの系統に分かれる。光、闇、炎、水、風、地、雷、氷。魔封の属性は、儀式の時に力を借り受ける神の能力に近いものが割り振られる」

 光、闇、炎、水、風、地、雷、氷の八文字が円形に配される。

「これらは二属性ごとに相反するもので、ぶつけると対消滅する。例えば、光と闇の組だね」

「プラスの力とマイナスの力と捉えると考えやすそうだな」

「そうだね。光、炎、風、雷の四属性を発散。それ以外を収束属性と呼ぶ人もいる」

「なるほど……」

 祐樹が納得したところで、別紙にもう一つ単語を書く。

「で、もう一つの力があって、『神技(しんぎ)』と呼んでる。これは君にも大きく関わってくるものでね」

「俺に?」

 風見の台詞に驚きと興味を得た。

「君自身が言っていただろう。オルカの夢を見るって」

「ああ、言ったな」

 風見が言うには、オルカ率いる軍がアーデルの国への最終進撃の夢ということだが。

「実を言うと、オルカは神だ」

「あいつが?」

「そう。しかも、かなりの力を持った、ね。元居た世界では後に軍神として崇められているほどさ」

「軍神、か……」

 確かに、鬼神もかくやという戦いぶりはまさしくそう呼ぶに相応しいものがあったが、それが本当に軍神として祀り上げられているとは、にわかに信じがたい。

「そこは厳然たる事実だ。君がどう思おうとも、ね」

 でだ、と彼女は前置き、

「何故君が彼の夢を見るか。薄々は勘付いていると思うけど」

「それは――」

 祐樹が答えようとしたところで、騒がしい足音のすぐ後に、応接間の扉が弾けるように開け放たれた。

 何事かと振り向く祐樹たち。そこにいたのは満面の笑みを浮かべた少女だった。
関連記事



 
← 曖昧me妹003 コンクラ(ー)ベ03  →君に想いを、剣に誓いを。(第一部)008 『綾音。そして新城家』

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。